After all

ほとんどフィギュアスケート、きまぐれ勉強メモだよ(^_-)-☆ #表示不具合のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトサイド・モホーク集



集めたきっかけは、モホークのオープン/クローズドの説明(参考にした教材動画/画像)だけでは、実際に演じられたモホーク(特にアウトサイド)のオープン/クローズドを言い当てることができなかっただめであります。未だに不明です。ただ、集めた結果、2タイプ6パターンあるとの認識に至りました。もちろん、私の頭の中だけの世界、ここだけの話であります。参考までに記録に残します。

■勝手に分類2タイプ6パターン

(追記2014.04.12)
ナチュラル系をオープン、カウンター系をクローズ(身体を閉じる)と呼ぶのだと思う。根拠→画像
(追記終了)

1)2タイプとは、腰の止めの有無(【腰を止める フィギュアスケート】で検索のこと)
 n)ナチュラル系(オープン)…ターンの回転の成り行きのままに腰を回す
 c)カウンター系(クローズ)…肩と腕を回転の逆方向に捻って腰の回転を止める
 
2)6パターンとは、
 c)カウンター系(腰を止める、クローズ)…4パターン (アイスダンスに多い)
  足換え位置…腹側/背中側
  足換えの瞬間のフリーレッグのつま先の位置…足換え位置により必然的に決まる。
   b)足換え位置が腹側であれば背中側(滑走足のカカト側)    
   f)足換え位置が背中側であれば腹側(滑走足のつま先側)
  その後のフリーレッグの処理…b)f)それぞれにフロントにクロスする/しないがある。
 n)ナチュラル系(腰を止めない、オープン)…2パターン。 (シングルに多い)
  足換え位置、足換えの瞬間のフリーレッグのつま先の位置は、腰を止める場合と同じですが、
  その後のフリーレッグの処理は、自然の流れでフロントにクロスすることになる。  
 
■浅田真央選手のアウトサイド・モホーク集


■フィンランディア杯2013より 場面に応じて様々な表情を魅せるOMO。最後の二つはおまけw


■インサイド・クローズド・モホーク→説明画像 追記2014.04.12


連続ステップの最初のターン(RFI-LBI上半身の捻れに注目、腰CCWに対して肩CW)がそれです。インサイドモホークの場合、オープン(例えばフリップのプレパレーション)はよくあるのですが、クローズドは、私が知る唯一の例です。2009-2010SP"Eye"

追記2016.10.26  バックからのブラケットより
何が凄いかって、珍しい技…
(1)クローズドのインサイドモホーク
(2)バックからのブラケット
が同時に観れるからであります。
アボット選手。LFO-RFI(踏み換え)LBI(クローズドモホーク)+LFO(ブラケット)RFO(蹴り換え)LFO(クロスビハインド)RBO(アウトモホーク)+LBI(クロスフロント) 参考ツイート

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nahte.blog132.fc2.com/tb.php/96-79177a5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。