After all

ほとんどフィギュアスケート、きまぐれ勉強メモだよ(^_-)-☆ #表示不具合のお知らせ

(雑感)リアルあるいはファンタジーとしてのフィギュアスケート

Nice12世界選手権女子シングルSPまで8時間あまり。ワクワクドキドキw

それまでの時間を使って、最近私が感じたことを書いてみたいと思います。この考えは基本的に、2010バンクーバー五輪直後のものと同じです。最近フィギュアスケートの勉強を再スタートして(私事でフィギュアスケートから1年余り遠ざかっていた)、フィギュアスケート関連ブログを見る機会が多いのですが、まだまだ、審判に対する疑惑を持ち続けておられる方がいるのを知りました。以下の四つの記事で知りました。

 ・★現実の政治力とは? 読者・きれじろうさんのコメント|浅田真央ファン夢日記さん、ありがとう!
 ・★読者・きれじろうさんは、フィギュアスケートをこの様に考える|浅田真央ファン夢日記さん、ありがとう!
 ・浅田真央選手の矛と盾 [ 徒然草子 ]さん、ありがとう!
 ・真央選手と天野さんの「縁」?・補足あり [ 徒然草子 ]さん、ありがとう!

私は、バンクーバー五輪から遡ること2年位前から審判に不信感を懐きいろいろ疑問点を解消すべく調べまわっていたのですが、自分の調査能力の限界(経済的、資料がないなど物理的、知力、体力)を悟り、それ以後、

 (1)純粋に演技を楽しむリアルな態度
 (2)審判の演技評価などを巡るフィギュアスケートドラマとして楽しむファンタジーな態度
   (たとえば「ガラスの仮面」みたいなノリ)

この二つの楽しみ方を採用した方が、精神衛生上、体のために良い、と思うようになりました。今も基本的に変わっておりません。審判不正疑惑としての陰謀論(参考1)もドラマとして楽しむのなら面白いのですが、マジで捉えるとホントに体に悪いんです。(だから、あとはフィギュアスケート界発展の為の使命観とか正義観とかじゃなく単なる好奇心で探求はしています。というか再開しました。すみません、ヘタレで(^_^;))

ですから、審判不正疑惑の真偽を確かめるべく努力されている方々には(現時点での結論の真偽に関わらず)その熱意に対し敬意を表します。

審判の判定に対してはスペクトル(あるいはグラデーション、両極は白と黒)が存在すると思います。どのスペクトルに位置するかは、各個人(の関心や楽しみ方)によってさまざまでしょう。

そういうわけで、ドラマをより楽しむために、再び、過去のものを読み返したりしています。そのひとつが、これです。

 (2010.04.09)フィギュアスケート 闇と光 2 何が争われているのか 不正の背景(資料)

もちろん、「(1)純粋に演技を楽しむリアルな態度」を忘れているわけではありません。今日の女子シングルSP堪能します。

あと、何か思いついたら書き足そうと思っています。とりあえず今はここまで。

追記2012.04.07/05:39

さん、多謝!↑御意!読み応えがあります!

追記2012.04.07/06:11 ご参考まで。
浅田真央に見るルールとプリンシプル - 感じるままに -
国際スケート連盟役員改選 平松氏が理事に初当選 - 感じるままに -

追記2012.04.07/11:27


参考1
陰謀論(を求める)というのは、理路整然、明快さを好む人間の脳の宿命だと思います。
脳は陰謀論を生む機械 神は細部に宿り給う さん、ありがとうごいます

野生状態で「情報が足りないから判断を保留しよう」などと哲学的に正しい態度など取っていたら、あっという間に食われるか殺されるかである。たとえ情報が不完全であっても素早く結論を出して行動に移さなければならない。


なるほど、人間いざとなったら、情報が足りないから判断を保留しよう、などと悠長なことを言っておれなくなるという事ですね。安全な場所に居て、悠長なことを言っている自分は幸せだと、この環境に居られることに感謝したいと思います。
 
結局、何かを疑ったり、納得したりするのに、根拠(理由)はないんだと思います。あるとすれば、すべて後付けの理由です。最初に結果があって理由は後からやってくる、というのが実際だと思います。なぜ根拠が必要なのか、現代社会の要請によるものだと思います。習慣(それも悪習)といってもよいかも知れない。

で、最近つくづく思うのが、陰謀論某を批判するのも、結局、明快さを求める陰謀論脳と一緒だなと反省しきり。結局、カエサルのことば「人は自分の見たいものしか見ない」(ご参考→引用テキストの多いぼくの日記でカエサルの「人は自分の見たいものしか見ない」という話をしてみるよ - 愛・蔵太のもう少し調べて書きたい日記さん、ありがとうございます!)のだなと、自戒の念をこめて。

最近、気に入ってるのがこれ↓

爆問ニッポンの教養 2008.01.02 新年会SPより 情報のウソ from ghoti_sousama on Vimeo.


「正々堂々とやってる人はあまり好きじゃなくて、なんか、後ろめたさを持ちながらやってる人が好き」と哲学者の野矢茂樹さんがいっておられましたが、私も同感です。

おまけw BGMのバレエ音楽もいいね♪タラソワテレビ番組動画

宮台真司、新世紀の文化を憂える」2000年11月28日
~宮台真司が、オタクの現在から新世紀の文化までを展望する!~

ゼロからはじめるジャーナリズム-ほぼ日刊イトイ新聞

追記2012.04.10/21:38





スポンサーサイト

Comment

きれじろう says... "相対性理論と陰謀論"
10年以上前、相対性理論は誤っていた!世界の科学者は真実を隠している!という趣旨の本が何冊か出版されていました。
もう今となっては書名も作者名を忘れてしまったんですが、なぜ誤っていると断言できるか、その理由が「理解出来ないから」(笑)

別ブログでご質問させていただいた件で、私も自分で調べようと思ってキーワード検索したら肝心のものは全然引っかからず、出てきたものは「相対性理論は誤っていた!」と主張する人と似たような方が書いたものばかりでした。さすがに脱力・・・。

明日また探そうと思っていますが、それにしてもghoti様の情報収集力は私からしたら驚異です。感動しました。
2012.04.07 23:15 | URL | #EBUSheBA [edit]
ghoti says... "Re:相対性理論と陰謀論"
きれじろうさん、おはようございます。

わたしも~、名前は知ってるけど、内容は知らな~い\(^o^)/
そういえば、相対性理論は覆された!?というニュースを聞いたことがあります(「相対性理論 否定」で検索のこと)。

>検索したら肝心のものは全然引っかからず、
よくある話ですねw
今回はアレでしたが、たまにセレンディピティがありますね。

>ghoti様の情報収集力は私からしたら驚異です。感動しました。
いえいえ、好きでやってることですから・・・、でも、そういっていただけるとうれしいですぅ~\(^o^)/

>明日また探そうと思っていますが、
はい、急ぎませんのでご都合のよろしいときごゆっくりどうぞ。
そういう私も、別ブログでの質問の件、情報を整理するのに手間取ってます。もうしばらくお待ちを。
2012.04.08 06:40 | URL | #/Jidnjo. [edit]
きれじろう says... ""
>そういえば、相対性理論は覆された!?というニュースを聞いたことがあります(「相対性理論 否定」で検索のこと)。

検索してみました。このニュース半年前に大々的に報道されていましたね。
その後検証装置に不具合があって再実験されるという続報があったような。

こういう地道な検証が今も続けられる相対性理論は偉大です。やはり覆すことが出来れば歴史に名を残せますからね。
彼ら検証者は「理解出来ないから誤りだと判断できる人」とは次元が違いますよね。
2012.04.08 09:01 | URL | #EBUSheBA [edit]
ごんちゃん♪ says... "きれじろうさんへ"
えっへん!
きれじろうさんをghotiさんに紹介したのは私です。褒めてください!
なんちゃって(笑)

改めてましてはじめまして。
前からきれじろうさんの文章を読んでいるので、私の中でははじめましてじゃなくて、馴れ馴れしくすみません。

ちょっとだけ自己紹介をすると、私は伊藤みどりさんの時代から、テレビでやっていればなんとなくフィギュアスケートを見てた程度のゆるゆるファンです。

そしてバンクーバーで陰謀論にハマった1人です(笑)

しかし、チャン選手を見ていて何故これほど点数が出るのかモヤモヤしていたところ、アンコウさんのところに書かれていたSS基準方式を知って、目から鱗がポロポロ落ちまして今に至ります。

きれじろうさんがアンコウさんのところで書かれいたフィギュアスケートのルールやISUの考察は本当にお見事でした。

人気ブログの上位を占める陰謀派?ブログでは、きれじろうさんに対して上から目線という言葉が飛び交ってましたが、どこが上から目線なのか私には理解不能です。

あえてあの時期、世界選手権前に発表されたのは、フィギュアスケートを最近見始めた人が、安易に陰謀論にハマってしまい、観戦にストレスを感じないように出来たらいいのに、という優しさが感じられたのですね。(違ったらごめんなさい)

これからもきれじろうさん、ghotiさん他の皆様のやりとりを楽しみにしています!
突然失礼いたしました。
ではでは。













2012.04.08 12:52 | URL | #- [edit]
きれじろう says... ""
>ごんちゃん♪さん

そうだったんですか。
ghotiさんには、あちらのブログで「こんな与太話を真面目に調べなきゃなんねーのか」と思っていたところを助けていただいたんですが、それはごんちゃん♪さんの存在があったからなんですね。
いやー有難うございます。
ghotiさんのブログに今回初めてお邪魔させていただいて、世の中にはまだまだすげーファンが居るんだなぁと素直に思いました。

ちなみに、アンコウさんのブログにはかれこれ1年と9カ月お邪魔し続けているんですが、やはり事象を説明するだけでは限界を感じていたのは確かで、もっと根源的な「個人の情報収集とその考え方」の領域まで踏み込まないと皆さんのストレスって改善できないだろうなと思っていたんです。
で、アンコウさんにお願いして記事として発表してもらったんですよ。

想像していたより反発は少なかったです。

とはいえその効果はまだ未知数で、こちらは質問があったらなるべく回答しましたが、逆に私からの質問に対する回答はゼロ。(笑)
議論にならん。

やはりコメントを見ていると「心を開かず頑なに目と耳を塞いでいる」ような感じのかたはまだいらっしゃるかなと。

まあ、じっくりいこうかなと思ってます。

なんつーか、とにかく有難うございます。
2012.04.08 16:14 | URL | #EBUSheBA [edit]
ghoti says... "おお、なんと愉快な光景\(^o^)/"
>ごんちゃん♪さん、きれじろうさん

こうして見知らぬもの同士が思いを共有ときに発見しながら世界を広げて行く、ネットのお蔭ですね。
袖振り合うも他生の縁、改めてこれからもよろしくお願いします。
2012.04.08 17:47 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ごんちゃん♪ says... "きれじろうさん"
お、お、お返事をいただけるなんて...感激です〜

>もっと根源的な「個人の情報収集とその考え方」の領域まで踏み込まないと皆さんのストレスって改善できないだろうなと思っていたんです。

やはりそうですよね。ストレスでフィギュアスケートを見るのも嫌になったという声もチラホラ聞こえてきますし、フィギュアスケートというスポーツを理解するお手伝いをしているだけですよね。

ただ、私自身も陰謀論にハマったので、その気持ちは分かるんです。

今思えば、陰謀にハマった理由は、ルールは難しい、自分には理解出来ないと知ろうともしなかったからなんです。
ネットで情報を集めようとしても、当時ヒットするのは陰謀論だけでしたし。

でも、私のように陰謀で結論付けていいのか?とモヤモヤしている人も多いと思うのです。

なので
>想像していたより反発は少なかったです。
なのかと。

>心を開かず頑なに目と耳を塞いでいる」ような感じのかたはまだいらっしゃるかなと。

これは私の想像でしかありませんが、フィギュアスケートのファン層って、若い人より30〜40代の女性が多いような気がするんですよね。
子育て真っ盛りか少し落ち着いてきた世代で、仕事も第一線で働いたという経験がない(少ない)のもあるような(あくまでも想像ですが)
なのできれじろうさんの、仕事で培った経験からくる物事の捉え方に、イマイチ共感を覚えない、というかピンと来ない人も中にはいるかもしれませんね。

社会に出れば、理想や綺麗事だけでは済まされないですし、その中でバランス感覚を養うことが大事だと知らず知らずに身につけるものですが、そういう経験がもし少なければ、上から目線、何難しい事言って煙に巻こうとしてるのさ!みたいな感想になるかも(笑)

私は今は、スケーティングの良さというのをなんとな〜〜〜く少〜〜〜しだけ分かるようになって、チャン選手のスケーティングに圧倒され感動しています。

今この瞬間、目が曇ってなくて良かったなあって。
悲しいかな、フィギュアスケートは選手生命が短いのですから、リアルタイムでフィギュアスケートというスポーツの良さが実感出来ないのは勿体無いですよね!

そういう意味でも、モヤモヤしている人にキッカケを与えようと情報を発信しつづけてくれている方々には感謝してます。ありがとうございます。

おっと、なんだか日記のような長文になってしまってすみません(^^;

ghotiさん、またまた場をお借りしました。ありがとう!
2012.04.08 23:12 | URL | #- [edit]
ghoti says... "とりあえず、殊玉の記事だったので「★技術的失敗と演技構成点の連関を求めたい!」"
あとで記事にしようと思いますが、涙が出るほど、共感したので、メモ。

★技術的失敗と演技構成点の連関を求めたい!|浅田真央ファン夢日記
http://ameblo.jp/07211005/entry1-10866352594.html#comment_module
すみっちさんのコメント 39 ■今回も長いです④ すみっち 2011-04-26 13:24:41
~~~~~~~~~~~~~
SSが解るとフィギュアの理解は深まりますが、だからと言って勿論私は「みんな努力しろ」なんて言うつもりはありません。フィギュアの楽しみ方は人それぞれだからです。
ただ一言言わせてもらえれば(うまく言えずきつい言い方になりますが)、「解らないからと言って、自分の不勉強を棚にあげ、フィギュアの本質を捉えずにルールやジャッジをただ批判するのはちょっと違うんじゃないかなぁ。もう少しジャッジの言い分を理解しようとする姿勢があってもいいんじゃないかなぁ」と思うのです。(うぅ…偉そうにスミマセン…)

~~~~~~~~~~~~~~~
これは、きれじろうさん、ごんちゃん♪の所感とまったく同じです。フィギュアファンの中には、このような感じを懐いている人が少なからずいる、ということでなんだかホッとした次第。

それにしても、この記事は素晴らしい(加えてコメント欄が殊玉)、目から鱗が幾片も落ちました。

ついでに、今朝、sakuraさんから、「要素のミスとPCSの関係の疑問」ついて回答が得られましたので紹介します。コメント欄の最後です。丁寧かつわかりやすい説明です。
/★総構成点(PCS)考察…★ (記事)http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-50.html
(コメント欄/Q&A)http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-50.html#comment4029

追記2012..04.09/11:56 コメント欄より ★技術的失敗と演技構成点の連関を求めたい!|浅田真央ファン夢日記
52 ■最後に・・・ まるこ 2011-04-27 14:02:10
~~~~~~~~~~~~~~
>「解らないからと言って、自分の不勉強を棚にあげ、フィギュアの本質を捉えずにルールやジャッジをただ批判するのはちょっと違うんじゃないかなぁ。もう少しジャッジの言い分を理解しようとする姿勢があってもいいんじゃないかなぁ」と思うのです。

このすみっちさまのご意見に100%賛成です!!私は(アンコウさまはお気づきかもしれませんが)、この1年で全く観戦スタイルが変わりました。バンクーバー五輪、トリノ・ワールドで釈然としないジャッジングにストレスを感じてのち、ネットで調べられる限りのことを調べました。競技経験者や元選手のブログやHP、国内でジャッジとして活躍される方のサイトなどなど、その多くは専門家の書いたものです。そして、専門家の意見が、一般のネットファンの意見とは全く違うことを知りました。彼らはジャッジがおかしいなどとは微塵も思っていない。優れた選手が評価されている、ただそれだけのことなんです。(皆さんの記憶に新しいのは、新聞に掲載された小塚線選手のお父様、小塚嗣彦氏のオリンピックでの真央選手の演技に対する批評でしょうか。専門家の目から見れば明らかな勝負であり、八百長などまったくないと見て取れました。)そこに気付いたら、観戦ストレスもゼロになりました。ジャッジの声がプロトコルから聞えるようになりました。だからこそ、強く感じます。そういう散り散りになっている専門的な情報、採点の基準、どこに注目したらジャッジの目になれるのか、そういうことを纏めたものが必要だと。そしてそれは、個人が非公式に運営するのではなく、ISUなり各国スケ連なりが公式に発信すべきだと。

以上、長大なコメントになったことをお詫び申し上げます。私個人としては、もう、選手の演技とジャッジの採点の間に、何の「乖離」もないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~
61 ■Re:無題 アンコウ 2011-04-27 23:38:25
~~~~~~~~~~~~~
>きれじろうさん
コメント有り難うございます。

>ファン全員がすみっちさんやまるこさんのような考え方をするということを前提にすること自体がリアリティゼロだからです。
(ネットで時折見かける、ファン側がジャッジに完璧な人格を求めるのと同じ事です)
ISUはこれからも興行と競技のバランスに苦悩していくのでしょう。

やはりきれじろうさんに聞いてよかったです。ISUの苦悩は情報公開と丁寧なつぼを押さえた説明でしか解決できないでしょうね。

 ~~~~~~~~~~~
なんだ、きれじろうさんも人が悪いな(笑)。というか、鳥と虫の両方の目を合わせ持った眼差しが素晴らしい。実社会でいろんな人を見てきた経験がなければ身につかない視線だと思いました。そういういきさつがあって、下記の質問があると!?w いま思えば、即答しなくてよかった。\(^o^)/ 即答すれば、その場で話は終わってたかもしれない(爆)。

★真央選手、「少し休みます」|浅田真央ファン夢日記
http://ameblo.jp/07211005/entry-11212683563.html
53 ■ghoti様、教えてください!きれじろう 2012-04-06 17:44:03

~~~~~~~~~~~~~
・もしこの「技術的失敗とPCSを切り離す」が元々存在せず、
・バンクーバ後に制定された「中間点の導入」単体だけ

で「選手が高難度ジャンプにチャレンジする、という流れになるかどうか」です。

この「技術的失敗とPCSを切り離す」はファンの見た目との乖離を助長したルールだと私は考えていますが、もし撤廃したとして、「選手が高難度ジャンプに挑まなくなる状況にはもう戻らない」という保証が無いからです。
上記に上げた私の個人的見解の論理的妥当性と併せてご意見をいただければ幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~
2012.04.09 07:40 | URL | #/Jidnjo. [edit]
きれじろう says... ""
そうなんですよ。
今回質問させていただいたのは二つの側面があって

・ストレスを抱えているファンから好評とは思われない「技術的失敗とPCSを切り離す」という制度を、彼らの望みをISUが受け入れて撤廃した場合

1、浅田さんに関すること

①浅田さんのこの2年間の努力の意味が半減してしまうのではないか
②新規参入するロシアの3Aを飛ぶかもしれない若手に対するアドバンテージを浅田さんが一気に失ってしまう可能性もある。

2、競技の流れに関すること

③高難度ジャンプに挑む頻度が減って、またファンの不満が爆発するのではないか
④逆に2006年の世戦時の懸念、「スケーティングスキルを無視したジャンプ大会になってしまう危険性」(=選手の低年齢層化)が再発するのではないか

というそれぞれの懸念が私にはあるんです。

それで
a,撤廃される可能性があるか、
b,その影響
に対してのご見解を伺いたかったんです。

私としては浅田さんのようなスケーティングスキルに秀でた選手「だけ」を考えたら「廃止しない方が良い」と思っています。
2の競技に関することについてはちょっと予想が難しいかな、と。

で、続きはアンコウさんのブログでやったほうがいいんでしょうね。これ。

あと、sakuraさんのご見解はぜひアンコウさんのブログで皆にお知らせしたいですねぇ。
確実に皆さんの理解が深まります。
2012.04.09 14:47 | URL | #EBUSheBA [edit]
きれじろう says... "ありがとうございます!それと反省が一つ。"
>ghotiさん

早速あちらにアップしていただいて有難うございます!

>ghotiさん、ごんちゃん♪さん

先ほどあちらのブログの別件で相手の文章の意図をくみ取る難しさを痛感いたしやした。
俺もまだまだ甘いっす。

2012.04.09 19:18 | URL | #EBUSheBA [edit]
片割月 says... ""
ghoti様、こんばんは。

フィギュアスケートと陰謀論について一家言お持ちのお歴々はこちらでも活発な意見を交わしていますね(#^.^#)

トンデモ本とも言われるコンノケンイチ氏の「相対性理論のウソ」のことでしょうか?
これは私も読んだことがあります。その中で、

彼は科学コミュニティがとっくに誤りとして捨てた仮説「エーテルの海を行く光の理論」を復権させようとしていますね。


陰謀論について、コラムニストの小田嶋隆さんがツイッターでつぶやいています。
(ツイッターのアドレスはセルフサービスでお調べを^^)

「私が一貫して指摘しているのは、限られた少数派だけが陰謀を見抜いている、とする態度の滑稽さですよ。」

「問題は陰謀の有無ではない。世界を『陰謀に騙されて俗説・報道を信じる大衆・多数派』と『真実を見抜いているオレ』に区分する態度の滑稽さだ。」

「陰謀論の隠された意味は『世界が無能であってほしい』という願ですよ。」

はとても共感しました。

小田嶋氏の主張は、フィギュアにおける陰謀論者のメンタリティにもほぼ当てはまりそうです。

例えば「フィギュアにおける陰謀論の隠された意味は『ISUやジャッジは無能であってほしい』という願ですよ。」


私は陰謀論が発生し、流行する動機の半分以上は「負け惜しみの精神+恨み(ルサンチマン)」と思っています(^。^;)
2012.04.09 20:50 | URL | #- [edit]
きれじろう says... ""
>トンデモ本とも言われるコンノケンイチ氏の「相対性理論のウソ」のことでしょうか?

それだああああ!それですよ!思い出したあああ!
私が今までで一番「買って損した」と思った本です。

あれ、確か徳間書店だったような気がするんですけど違うかな?つーかさすがにこれは出版元を調べる気無し。

出版社も「事実かどうかは別として売れそうだからいいんじゃん?」的な感じで出した本だと思います。
2012.04.09 21:17 | URL | #EBUSheBA [edit]
ごんちゃん♪ says... ""
TESとPCS、白猫夜話さんの見解が私としてはツボにはまりましたので貼っておきます。

うほっ×10 ^^

2012.04.10 00:37 | URL | #- [edit]
ごんちゃん♪ says... ""
あ、URLが無い!

http://shironekoyawa.blogzine.jp/blog/2011/11/pcs_bfbc.html

ps、ghotiさん。
iPadでコメントすると右上のボタンが反応せずでした><

2012.04.10 00:39 | URL | #- [edit]
ghoti says... "Re:ありがとうございます!それと反省が一つ。"
きれじろうさん おはようございます

 >あと、sakuraさんのご見解はぜひアンコウさんのブログで皆にお知らせしたいですねぇ。

「技術的失敗とPCSを切り離す」の件は、あとで記事にしようと思います。といっても未だ下書きすらしてないのですが・・・(^_^;)

 >先ほどあちらのブログの別件で相手の文章の意図をくみ取る難しさを痛感いたしやした。俺もまだまだ甘いっす。

いやー、それより、メディアをも射程にいれたルール作りにまで話が発展しているのに感心しました。そうですよね、スポーツとはいえ、歴史的経緯を考慮すれば、フィギュアスケートは興行としての側面が強くあり、もはやメディアと無関係には成立しませんからね。考察に値する一件だと思います。
2012.04.10 06:21 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ghoti says... "Re:片割月さん"
片割月さん おはようございます

小田嶋隆氏の紹介、ありがとうございます。まったく存じ上げない方だったので、調べました。
「メディア陰謀論を共有する人たち」を読んで来ました。
内容解釈はともかく、形式としては、

 彼らは、「そのことによって利益を得る誰かが背後で動いている」という形式でものを考えることを好む。しかも情報については、「メディアが報じた部分にではなく、報じなかった部分に、より重要な真実が含まれている」と信じこんでいる。 ということは、彼らにとって、世界は見えているあり方とは反対の姿をしているわけだ。

まさにプラトニズムですね。現象の背後に(原因となる)何かが隠されているw 

プラトンでは、現実の感覚的世界を超えたところに、超感覚的なイデアの世界が構想された。しかも、この超感覚的なイデアの世界こそが真なる存在の世界であり、感覚的な生成と変化の世界は虚偽の世界、見せかけの世界である、とされた。http://it1127.cocolog-nifty.com/it1127/2012/03/post-f36f.html

フォン・ヴァイツゼッカーは、科学っていうのは古くから知覚不可能なものに向かう傾向を持っていて、知覚可能なものを知覚不可能なものによって説明しようとしたと言いました。 (http://inbook.jp/serif?serif_id=27510)

見える世界を見えない論理によって説明しようとする態度。人間の悪い癖です(笑)。

何がいいたいかというと、(この記事の本文の主旨ですが)人間多かれ少なかれ陰謀論(肯定するにしても否定するにしても)が好きなのだなと。人間の脳(左脳?)の宿命ですね。見たまんま、感じたまんま、だけでは収まらないのですね。その理由、根拠を求めたがる。突き止められない場合は、それは神の仕業に違いない、それで一件落着(笑)。

ところで、そのアンチテーゼとして、拙ブログのタイトル「感じるままに」があるわけです(笑)。

 >例えば「フィギュアにおける陰謀論の隠された意味は『ISUやジャッジは無能であってほしい』という願ですよ。」
>私は陰謀論が発生し、流行する動機の半分以上は「負け惜しみの精神+恨み(ルサンチマン)」と思っています(^。^;)


そうですね、それは確かにそういう一面はあると思います。
2012.04.10 06:55 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ghoti says... "Re:ごんちゃん♪さん"
ごんちゃん♪さん おはようございます

ご紹介の記事、ありがとうございます。
読みました。面白いです。

そうですね、どんなモノサシを使っても全てを客観的に測ることはできないですね。
そこが悩ましい。だから、そういうものだから、ファジーな部分に対して「アアだコウだ」いうのは楽しいけれど、結論は出ませんねw

editの件、コメントするときにパスワードを入力されていなければ、こんどから、パスワードを入力してみてください。
2012.04.10 07:15 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... ""
ghoti様、こんばんは。


>現象の背後に(原因となる)何かが隠されているw 

陰謀論に限ったことではないのですが、人間は原因を追及し、何かしら筋道の立つ論理を見つけたい生き物なのでしょうね。
それは一概に悪いことではないと思います。

ただし、この世の出来事には、「偶然」というものが沢山あることを認識しないと、全ては何かの必然的理由があるのだろう、ともっともらしい論理に陥る危険がありますね。
サイコロを振って、三回連続で「一の目」が出る確率は216分の1ですが、これを「何かの原因があるに違いない。あるいは何かの仕掛けがあるに違いない」と考えてしまうのと似ていますね。

リンク、ありがとうございます。

私もリンクを貼らせて頂きますね^^
2012.04.11 00:21 | URL | #- [edit]
ghoti says... "Re:片割月さん"
片割月さん おはようございます

>それは一概に悪いことではないと思います。

はい、仰せの通りでございます。
ただ、片割月さんのように(人間のそういう悪い癖を)自覚していれば、問題ないのですが・・・(ry

>ただし、この世の出来事には、「偶然」というものが沢山あることを認識しないと、全ては何かの必然的理由があるのだろう、ともっともらしい論理に陥る危険がありますね。

御意!論理によって説明できる現象は自然界のごく一部、惑星や物の運動くらいのもの。地上界の出来事は混沌極まりなく、ほとんど説明が付きません。もっともらしい説明を理解できてしまう方が、むしろ私には不思議です(笑)。

だから、説明ではなく、物語や詩があるのでしょうね(^_-)-☆

リンクどうもありがとうございました\(^o^)/
(先ほどほんとに貼ってあるかどうか(←簡単には信用しない性格orz)確認して参りましたw)。
2012.04.11 03:57 | URL | #/Jidnjo. [edit]
バルタントモゾウ says... "説明の出来ないもの"
恋愛感情。

本能が説明できる人がいたら教えてほしいもんだ。
2012.04.11 07:01 | URL | #- [edit]
ghoti says... "Re:説明の出来ないもの"
バルタンさん おはようございます

そうそう、「どうして私が好きなの!?」って聞かれても、答えようがない。
好きなもんは好きなんだから、理由を問われても困っちゃう(爆)(^_-)-☆
2012.04.11 07:14 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ごんちゃん♪ says... "そういえば"
私のどこが好き?と聞いたことはあったけど、どうして好きになったの⁈とは聞いた事が無かったわーん。

好きに理屈はいらない。
だから

わたしは浅田真央が好きなの!
私が好きな浅田真央はいつも1番じゃなきゃ嫌なの!
私が好きな浅田真央を評価しないルールなんて信用できないの!

と、話題はいつも平行線w
2012.04.11 12:25 | URL | #- [edit]
バルタントモゾウ says... "ごんちゃんさんへ"
>わたしは浅田真央が好きなの!
私が好きな浅田真央はいつも1番じゃなきゃ嫌なの!
私が好きな浅田真央を評価しないルールなんて信用できないの!<

こういう理由での批判なら単純明快で理解しやすいのですけどね。(笑)

「そいつはしかたがね~や」となるのでね。

そこに理屈を強引に絡めると、おかしくなるのよね。
2012.04.11 12:57 | URL | #- [edit]
バルタントモゾウ says... "浮気の疑惑に似ているのかな?"
なんとなく夫婦喧嘩のような気がしてきたな(笑)

「あなた、どこで浮気してきたのよ?」とカマをかける奥方。

「浮気なんかしていないよ~」と仕事で忙殺されていることを理解してもらえないことに唖然としながら答える夫。

(最近あたしのことにかまってくれない。他に好きな人が出来たのかもしれない。絶対浮気しているに違いない。前はあんなに優しかったのに)と心の中で一人妄想に陥る妻。
2012.04.11 13:02 | URL | #- [edit]
ghoti says... "Re:そういえば"
ごんちゃん♪さん こんにちは

>と、話題はいつも平行線w

わはは、平行線を交わらせるには、非ユークリッド幾何学か神を持ち出すしかない、と思います。
そういう人には、
「○○さん、すごいっ!何でも知ってるのね(あるいはお見通しなのね)、神だわ」と言ってほめ殺してやりましょうw

とは言ってみたものの、やはり、どんなことであれ、他人様の満足に水を差すようなことは、言ってはいけませんねorz

ただ、黙って「そうなんだ~、そうだよね、きっとそうに違いないわ、○○さんの言ってる事は、正しいわ。でも、私はそうは思わないけど」くらいの方が無難ですね。って、結局、相手をバカにしてることになるのかな!?難しい・・・
2012.04.11 13:05 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ghoti says... "Re:浮気の疑惑に似ているのかな?"
バルタンさん こんにちは

なるほど、たとえ話じゃなくて、
バルタンさんのリアルなお話なのね
ありがとう( ^_^)/□☆□\(^_^ )
2012.04.11 13:16 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... "好きと嫌いの違い"
ghoti様、こんばんは。

好きとか恋愛に理屈は無用ですし、惚れた理由も説明出来ないわね。

しかし、「嫌い」には理由はしっかりとあります。

浅田選手が好き、は理屈じゃなくても、ヨナ選手が嫌い、には理屈がつきます。

何で結婚したのかな?と首を傾げることはあっても、

離婚にはキレイに説明がつきます。(私のことじゃないわよ^^;)


私の研究によりますと、好き、とか、カッコイイ、は感覚、視覚、聴覚等の働きが非常に強いのですが、

嫌い、は感覚よりも、理性的、悟性的な働きが以外と大きく作用しているから理由がつくのです<(`^´)>
2012.04.11 21:03 | URL | #- [edit]
ghoti says... "Re:好きと嫌いの違い"
片割月さん おはようございます

おお、片割月さんともあろう方が・・・、
面白いけどさあ、つーか、ワリーけどさあ、未だ人間のワリークセが半分抜け切ってないご様子、
好き嫌いに理由はございません。あるとすれば必要に迫られた後付けの理由のみ(←本文にも書きました)。

離婚といっても双方合意(←ここがポイント)の下であれば、理由は不要。
しかし、裁判ともなれば、どうしたって理由が必要です。→離婚裁判はあるけど結婚裁判は聞いた験しがない
嫌いに理由はないけれど、社会制度上、仕方なく、理由を探すわけです。

というわけで、

>私の研究によりますと、好き、とか、カッコイイ、は感覚、視覚、聴覚等の働きが非常に強いのですが、
>嫌い、は感覚よりも、理性的、悟性的な働きが以外と大きく作用しているから理由がつくのです<(`^´)>


もっともらしい説明なのでつい頷いてしまったのですが、これも理屈ですな(^_-)-☆
2012.04.12 01:54 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ghoti says... "理性は感情の奴隷"
きっと、人間(人類)は長い歴史の中で生き抜く為に効率よく物事を判断する術として好き嫌いの感情を開発したのでしょうね。というか、偶然に生まれた好き嫌いの感情は生き残る上で役に立った、つまり、淘汰されずに残った。でないと、好き嫌いの感情がなぜあるのか説明が付かない(笑)

本文にあるように、

>野生状態で「情報が足りないから判断を保留しよう」などと哲学的に正しい態度など取っていたら、あっという間に食われるか殺されるかである。たとえ情報が不完全であっても素早く結論を出して行動に移さなければならない。

人間いざとなったら、情報が足りないから判断を保留しよう、などと悠長なことを言っておれなくなるという事ですね。好き嫌いで即断即決即行動。安全な場所に居て、悠長なこと(理由探し)をしている自分は幸せだと、この環境に居られることに感謝したいと思います。
2012.04.12 02:09 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... "好きか嫌いかその2"
ghoti様、こんばんは。

>好き嫌いに理由はございません。あるとすれば必要に迫られた後付けの理由のみ

御意。しかし、それは100%正しいとは言い切れません。

キム・ヨナ選手とパトリック・チャン選手が嫌われる理由は「理屈抜きの感情」とは必ずしも言い切れないと思います。明快な理由がいくつもあるでしょう?

後付け…御意。

初めからこの二人の選手が嫌い、というのはありません。

明快な理由があって段々嫌いになったのだと(私じゃないよ^^;)


>人間いざとなったら、情報が足りないから判断を保留しよう、などと悠長なことを言っておれなくなるという事ですね。好き嫌いで即断即決即行動

御意。しかし、これも100%正しいとは言い切れません。

緊急時、例えばビル火災時におけるリーダーの取るべき行動は、好き嫌いではなく、主に理性的な判断によるものです。


ghoti様の「感じるままに…」は基本的に共感しています。

ロマン派の音楽家、ロベルト・シューマンが残した名言。

「知性は誤ることがある。しかし、感性はいつわらない」
2012.04.12 19:28 | URL | #- [edit]
ghoti says... "Re:好きか嫌いかその2"
片割月さん こんばんは

>明快な理由があって段々嫌いになったのだと(私じゃないよ^^;)

もし明快な理由があるならば、誰だって嫌いにならなければ、矛盾する。
嫌いな人も好きな人もいるという事実がある以上、それは感情的なものに起因する。
したがって、理由なんかありませんよ~\(^o^)/

悲しいから泣くのではなく泣くから悲しいのだ。
人間は笑顔で怒ることはできなのだよ!
「外相整いて、内相自ら熟す」のです。

>御意。しかし、これも100%正しいとは言い切れません。
>緊急時、例えばビル火災時におけるリーダーの取るべき行動は、好き嫌いではなく、主に理性的な判断によるものです。


御意!好き嫌いの精度を上げるために理性を使って日頃訓練するというのはみなさんやってることですね。
しかし実践で考えてたりすると浅田選手のようにジャンプでミスったり演技が疎かになったりしてしまいますね。

>ghoti様の「感じるままに…」は基本的に共感しています。

うれしいよ~\(^o^)/

>ロマン派の音楽家、ロベルト・シューマンが残した名言。
>「知性は誤ることがある。しかし、感性はいつわらない」


名言ですな、完全同意!w
では、私も一つエピソードを紹介させていただきます。

『精神と物質』(シュレディンガー)のエピローグで、ガレノスを引いて、デモクリトスが知性と感覚を論争させているのを紹介している。知性いわく「表面上は色がある、甘味がある、苦味がある、しかし実のところ原子と空虚があるのみ」と。これに応酬して感覚いわく「おろかな知性よ、我らからお前の論拠を借りてなお、われらに打ち勝とうと望むのか。お前の勝利は、お前の敗北」と。
2012.04.12 21:54 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... ""
>悲しいから泣くのではなく泣くから悲しいのだ。

挨拶は形から入って、心に通ず、と申します。

あるいは、相手を敬うから挨拶するのではなく、挨拶をすれば相手を敬うようになる、との真実。

ってことで同意(^0^)/

>「おろかな知性よ、我らからお前の論拠を借りてなお、われらに打ち勝とうと望むのか。お前の勝利は、お前の敗北」と。

さすが、理科系のghoti様、素敵な例をご存知ですね^^

では、文系のあちきは、大好きな与謝野晶子の短歌から。

     やは肌のあつき血汐にふれも見で さびしからずや道を説く君 

【私訳】
柔なかな肌の下を流れる熱い血汐。そんな情熱に溢れた私に触れようともしないで、寂しくはないのですか?
世の中のありふれた道徳を説いてばかりいるあなたといったら(アホね)。。。

知性に対する感覚の勝利!

道理に対する情熱の勝利!
2012.04.12 23:28 | URL | #- [edit]
ghoti says... "かくて女は、愛する者を殺すのである"
片割月さん おはようございます

すばらしい\(^o^)/

みだれ髪、これですね↓
http://www.youtube.com/watch?v=a8ruwCc3Gq8

私もかつて類することに触れたことがあります。
遠い記憶を辿ってみたらありました、お暇なときにでも、ご覧くださいませ。(コメント欄参照)
ある本の抜粋ですが、一部貼って置きます。

http://it1127.cocolog-nifty.com/it1127/2004/07/post_11.html
男の黄昏の時、いまや涙の歴史を生きているのは男ではないのか。

 事実、逆に考えてみるなら、男こそ実は歴史のなかで殺されてきたのだ。近代の「主体」という装置によって、資本主義のもと、生産という戦争に駆り出されていった男たちは、その身体から「魅惑」を奪われ、自身の肉体のイメージを亡失してしまった。つまり肉体として去勢されてきたのだ。その意味で近代は男殺しの歴史だったのである。この近代史を、「男の悲劇的な殺し方」として綴った本が現れてもおかしくは無いだろう。

 現にその本書いている作家がいる。ご存知橋本治だ。しかもこの橋本治がまた偶然のいたずらか、ギリシャにさかのぼって男殺しの構造を明かそうとしている。題して「オイディプス燕返し」。

 その彼が、蔦森樹氏との対談で、・・・「男こそ、実用と切れたところで、自分の身体と遊ぶ者だ」、「そのための様式=衣裳を創案する者だ」と。自分の身体イメージと遊ぶ男、そのために衣裳と戯れる男、それを忘れて「殺されて」しまったのが、いわゆるオジサンなのである。そのオジサン族の絶滅を迎えた今世紀末、彼らの「悲劇的な殺され方」に哀悼の辞を送りつつ、こう言うより他はない。歴史は非情、滅ぶものは滅びゆき、その廃墟の中から新しい種族が立ち現れてくる--そうして歴史の新しい空に男たちが舞いあがり、華やいで舞踏する姿を見たい。

 かくて女は、愛する者を殺すのである


モーツアルトとか自由でファッショナブルですよね!

すなわちというわけで、

>世の中のありふれた道徳を説いてばかりいるあなたといったら(アホね)。。。

こういって(堅物の)愛する男を殺したのですね(^_-)-☆
2012.04.13 08:19 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... ""
ghoti様、こんばんは。

>かくて女は、愛する者を殺すのである

然り。まこと、ごもっとも。さようで。

こうして(堅物の)愛する男、ロベルト・シューマンを殺したのはクララ・ヴィークという9才年下の女性でした^^;

おお、橋下治!

あちきも古典好きなのでこの人にはお世話になっています。

「桃尻訳、枕草子」は傑作です(#^.^#)

橋下治さんが「人はなぜ『美しい』がわかるか」という本の中でこんなことを言っていました。

枕草子は面白いが、徒然草はつまらないと。何故か?

枕草子を書いた清少納言が「時代の中に生きた美の冒険者」であるのに対し、

徒然草を書いた兼好法師が「時代の中に生きなかった美の傍観者」だったからと。


テレビや動画でフィギュアスケートを見、プロトコルを隅々まで読み、ルールについてアレコレ言っている内に、

いつのまにか「フィギュアの美の傍観者」になっている自分を感じる時があります(*´д`*)

フィギュアの生観戦は、その意味でも「時代に生きているフィギュアの美の冒険者」になる良い機会なのです。私には(´▽`)
2012.04.13 21:46 | URL | #- [edit]
バルタントモゾウ says... "フィギュアの美の傍観者"
フィギュアの美の採点者になっているな~~。(笑)

たぶん競技だと生で見ても同じだろうな、私の場合は。

映画を見るときでもそう。カメラアングルをどうやって取ったんだろうとか、この時代考証は?とか思いながら見ているからな~。


アイスショーでないとそのまま見ることは出来ないのだろうな。
2012.04.13 22:05 | URL | #- [edit]
ghoti says... "考えるな、感じろ"
片割月さん こんばんは

>枕草子を書いた清少納言が「時代の中に生きた美の冒険者」であるのに対し、
>徒然草を書いた兼好法師が「時代の中に生きなかった美の傍観者」だったからと。

おお、見事なコントラスト。枕草子と徒然草の区別もつかない私ですが、まったく別物なのですね。目から鱗がハラハラヒラリ。なるほど、本居宣長「玉勝間」 が吉田兼好「徒然草」を「つくりみやび」といって批判したのも頷けます。

満開の桜や雲一つない満月に心を動かされるのが素直な反応だと思います。まあ、理性を働かせれば、桜の散り極であったり雲のかかった月に風流を感じることも出来ますが、やはり、理屈でごわすw

考えるな、感じろ、です。

>フィギュアの生観戦は、その意味でも「時代に生きているフィギュアの美の冒険者」になる良い機会なのです。私には(´▽`)

上手い!いろいろ道草食いましたが見事に落としましたな\(^o^)/
そうか、ナマ観戦が枕草子的当事者感覚で演技にどっぷり浸かる酔いしれることなら、
モニター越しの観戦は徒然草的傍観者の味わい、理性を働かせてプロトコルチェック、なのかなと!?w
2012.04.13 23:16 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... ""
ghoti様、こんにちは。

清少納言は時の中宮に仕えた女房。華やかな(しかし陰湿な権力争いが渦巻く)宮廷サロンで活躍したのに対し、兼好法師は世の中から引退し、さりとて僧侶になり切れず、隠遁の暮らしをしていたんですね。

清少納言は、鶏の親子が歩く姿に「かわいい!」と感嘆し、機転の利かない男性に「シラケるわ!」とバッサリ。さらには、田植えをする百姓がホトトギスを貶す歌を歌っているのを聞いて「ホトトギスの悪口を言って、ムカツク!」と憤慨する女性でした。
まさに、感じるままに。。。

>凡人は非凡にあこがれ、非凡な人は、そういうことには無頓着なんだな!w

これまさに清少納言。だから、内省的な人間だった紫式部は彼女を嫌い「自分が特別な人間であるかのように振舞う人はこの先の人生は、ロクなことがないであろう」と悪口を言っています。

兼好法師は、「商人が一銭を惜しむように、短い時間を無駄にしてはいけないのだ」などと、説教を垂れるんですね^^;

兼好法師は、いわゆる「教養が邪魔する」ってタイプだったのでしょう。

彼なら百姓がホトトギスを貶しても「彼等の御蔭で我等はご飯が食えるのだヨ」くらい言うかもね^^:

だから、枕草子は人生論には全く使えないけど、徒然草は「下手な人生論よりナンチャラ」になる(^◇^;)

でも、どちらの本も面白いです。
2012.04.14 11:54 | URL | #- [edit]
バルタントモゾウ says... "オジサンの次に来るものは?"
>自分の身体イメージと遊ぶ男、そのために衣裳と戯れる男、それを忘れて「殺されて」しまったのが、いわゆるオジサンなのである。そのオジサン族の絶滅を迎えた今世紀末、彼らの「悲劇的な殺され方」に哀悼の辞を送りつつ、こう言うより他はない。歴史は非情、滅ぶものは滅びゆき、その廃墟の中から新しい種族が立ち現れてくる--そうして歴史の新しい空に男たちが舞いあがり、華やいで舞踏する姿を見たい。<

結局は次の世代もオジサンになるのだと思うが。

「わしらの若い頃は」と数千年前からの愚痴が繰り返されて、人間の営みは続く。


スターゲートのような「高みの存在」と至るのはいつのことになるやら。`s(・'・;) エートォ...
2012.04.14 23:52 | URL | #- [edit]
バルタントモゾウ says... "書き忘れ"
Sakuraさんの記事に書かれていることは、私がアンコウさんのところでコメントした内容をより深めたものですね。

競技は違えど考え方は同じと感じたな~~。
2012.04.14 23:57 | URL | #- [edit]
ghoti says... "最近の若い奴は"
バルタンさん

>結局は次の世代もオジサンになるのだと思うが。

いつの世もごく少数の例外はあるものの大抵はオジサンになるのでしょうね!
かくいう私も単なるオジサンではなくエロオヤジで~す\(^o^)/

>「わしらの若い頃は」と数千年前からの愚痴が繰り返されて、人間の営みは続く。

これについては以前調べたことがあります。
最近の若い奴は2http://it1127.cocolog-nifty.com/it1127/2004/03/2.html
2012.04.15 19:40 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ghoti says... "1000年の時を超えて"
片割月さん

>「桃尻訳、枕草子」は傑作です(#^.^#)

やー、お蔭でハートに火が点いちゃいました\(^o^)/ ttp://www.youtube.com/watch?v=28D9Y9scQKI
今日は一日中、清少納言と紫式部の追っかけをやってました。
とりあえず、つぶやいたことを貼って置きます(省エネでスマソorz)。

(1)うん、枕草子いいかもw「なんで、オトコってどーでもいいオンナにもイイ顔するワケ? ありえないっ!」超訳枕草子。蓑虫はすっごいいいわよォ。鬼が生んだってことだからさ、「親に似てこいつも恐ろしい心持ってんだろう」って、親の貧乏ったらしい着物ひっかぶせて/桃尻語訳枕草子

(2)紫式部は清少納言のことをボロクソけなしてます。何か恨みでもあったんですかね!?ちょっとこの辺の事情を調べてみたくなった(笑)。

清少納言に対する悪口雑言の原因は、枕草子の中にあります。枕草子の中で清少納言は、色々な男の人を馬鹿にしているわけですが、藤原宣孝という人のことも、「質素な格好でするのが普通の御獄参りを、宣孝ったらド派手な格好でして、皆があきれていた!」 などと笑い者にしている。

そしてこの宣孝という人、実は紫式部の夫なのです。それも、この文が書かれたのは、宣孝が亡くなったばかりの時のこと。未亡人・紫式部としては、亡き夫をコケにされて、怒りの炎がメラメラと燃えあがったに違いありません。(以下、こちらにて→http://bit.ly/IL10gN

(3)「超訳枕草子」「桃尻語訳枕草子」ときて、これもちょっと読んでみたいな!『暴れん坊少納言』http://bit.ly/HNio4Z
 ↓追記2012.04.17/11:08
 落札なう! [ヤフオク]かかし朝浩/暴れん坊少納言 全7巻セット 全初版コミック 特典付 http://yahoo.jp/2RM48T

(4)イト、ヲカシ!/暴れん坊少納言4巻 清少納言VS紫式部http://bit.ly/HK3OgQ

(5)まだまだ気になる、清少納言と紫式部w 「ブスを笑いたい」「乱暴にせまられたい」「モテ男を不幸にしたい」「秘密をばらしたい」、酒井順子が女の欲望を読み解く http://bit.ly/lGfE6m @cyzowoman #cyzo_wさんから

御意!/自分も「自慢したい」と思っているから、他人の自慢がカチンとくるんでしょうね。他人の嫌な部分と自分の嫌な部分は、呼応し合うものです。

(追記2012.04.16/10:33)確かに知識は増えたけど、心は1000年前とちっとも変わってない!w 

(6)「ヘタな人生論より徒然草」「紫式部の欲望」「枕草子REMIX」読んでみたい!←発注したなう!

以前の私だったら紫式部や吉田兼好の気持ちに共感したであろうけど、
いまは、断然、清少納言とお友達になりたいな!w

>枕草子を書いた清少納言が「時代の中に生きた美の冒険者」であるのに対し、
>徒然草を書いた兼好法師が「時代の中に生きなかった美の傍観者」だったからと。

冒険者と傍観者、韻を踏んでいるのを見落としてました。なんで、当事者ではなく冒険者なのか、謎が解けた次第!w

>フィギュアの生観戦は、その意味でも「時代に生きているフィギュアの美の冒険者」になる良い機会なのです。私には(´▽`)

1000年の時を超えて、清少納言とフィギュアスケート(をナマ観戦する片割月さん)がつながっていたとは、いと、おかしけれ!w
ぜひ清少納言の実況を聞いてみたいわ~\(^o^)/
2012.04.15 19:57 | URL | #/Jidnjo. [edit]
ghoti says... "経験が邪魔をする"
片割月さん  おはようございます(追伸)

>兼好法師は、いわゆる「教養が邪魔する」ってタイプだったのでしょう。

歌の一節を思い出しました。FACE-globe
反省は毎日で
悔やまれることが多すぎて
青春が消えていく
でも情熱はいつまでつづくの

少しくらいは きっと役にはたってる
でもときどき 自分の生きがいが消えてく
泣いてたり 吠えてたり かみついたりして
そんなんばかりが 女じゃない

(中略)

どーもこーもない事情で 疑う余地もない私たちの
平凡でとがった ところもない
こんな毎日じゃ はじけようもないじゃない Fu… Wow…

経験が邪魔をする
ほらあの人の横顔 抱きしめて

バス停で おしゃべりしている学生
明日の事は考えて もちろんいるけど
切実さは 比べようもない程明るい
あの人の胸には すぐ飛び込めない
2012.04.16 08:53 | URL | #/Jidnjo. [edit]
片割月 says... ""
ghoti様、こんばんは。

ホントだ!!\(◎o◎)/!

火がついてる~ghotiさまあ~(^。^;)

よく調べられましたね。さすがです。

他に、「源氏物語と枕草子・謎解き平安ミステリー」PHP新書(小池清治)や、

「清少納言と紫式部・その対比論序説」朝文社(宮崎荘平)も、お薦めです^^

ここに「平安朝のプレイガール」、和泉式部(上記二人と交友があった)が入ると、もう、大変ですよ~ヽ(*´∀`)ノ

「源氏物語」は長すぎて現代語訳でも大変ですが「紫式部日記」は手軽ですから現代語訳付きで読まれると面白いですね。

清少納言はネアカのお局、紫式部はネクラの姥サクラ。兼好法師はモノグサ太郎。和泉式部は男好きのウカレ女。

どれも一筋縄では行かぬツワモノ揃いですが、あちきは、やはり、清少納言が一番好きかな('∀`)

反省だけなら猿でもするってか(^<^)
2012.04.16 22:22 | URL | #- [edit]
片割月 says... ""
>フィギュアの美の採点者になっているな~~。(笑)

これは、バルタン様の職業病ですね。

あちきも以前に映画やビデオの制作に携わる仕事をしていたことがあるので、映画やテレビドラマを見ると、

「ドラマの美の採点者」になっています。

あの役者は滑舌が悪いな、セリフ覚えの悪い俳優でチーフ助監督は苦労しているだろうなあ、とか、

この設定はアホやな、若い社員がこんな立派なマンションに住めるかよ!っとか、

う~む、この舞台装置は安く仕上げたな、予算は500万くらいか、とかネ(^。^;)

友人から「アンタとは一緒に映画は見たくないわ!シラケるから」と文句言われました。ブハハ。。。(-^〇^-)
2012.04.16 22:34 | URL | #- [edit]
ghoti says... "歴史を彩る女たち"
片割月さん おはようございます

>他に、「源氏物語と枕草子・謎解き平安ミステリー」PHP新書(小池清治)や、
>「清少納言と紫式部・その対比論序説」朝文社(宮崎荘平)も、お薦めです^^


メモメモ〆いっぱい本がでてますね。いかに女性が商売になるか、の証でもありますね。

>清少納言はネアカのお局、紫式部はネクラの姥サクラ。兼好法師はモノグサ太郎。和泉式部は男好きのウカレ女。

キャラ表現、上手ッ!そそられますなw 遠い昔、「歴史を彩る女たち(←タイトルは失念した)」という類の本を読んだ記憶があるのですが、そんときは、何も感じなかった(というか現実の身近な女性の方に興味があったw)のですが、いまになって思えば、惜しいことをした(笑)。実に多彩な顔ぶれ、これで、一生、退屈せずに済みそう\(^o^)/
2012.04.17 06:15 | URL | #/Jidnjo. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nahte.blog132.fc2.com/tb.php/16-71572f8b