After all

ほとんどフィギュアスケート、きまぐれ勉強メモだよ(^_-)-☆ #表示不具合のお知らせ

【動画/感想はチョット】国別対抗2012 3日目 ペアFS 女子シングルFS

リザルト
http://www.isuresults.com/results/wtt2012/index.htm

(随時更新) 4日目最終日 gala映像追加

blogWorld Team Trophy | Examiner.com
newsSuzuki takes ladies event at World Team Trophy; seals Team Japan's win | Golden Skate
newsUSA mounts surge, but Suzuki, Japan win WTT | icenetwork.com
photoISU World Team Trophy 2012
video2012 World Team Trophy - Victory ceremony
facebookAbsolute Skating
BBSAkiko SUZUKI 鈴木明子選手 Kanako MURAKAMI 村上佳菜子選手 after FS フリー後インタビュー
video2012 WTT Gala EX - Opening
video2012 WTT EX Miki Ando
video2012 WTT EX Shoma Uno
video2012 WTT - TEAM USA EX
video2012 WTT EX Team Japan
video2012 WTT Gala EX - Final
photoElena Ilinykh & Nikita Katsalapov facebook
newsTakahashi gets a confidence boost | Golden Skate
videoWorld Team Trophy 2012 - REWATCH the competition ~ Hot Blades, Hot Passion
videoWorld Team Trophy 2012 - REWATCH the Gala ~ Hot Blades, Hot Passion

どうしてもソチのことを思ってしまう。今季私がもっとも女子シングルで注目していたグレイシー・ゴールドですが、ミスは残念だったけど、スピードはいうにおよばず、滑り・所作ともに大きく、将来を予感させる滑りであった。磨きがかかれば、金メダル最有力候補、まつがいなし。それから、ソトニコワ。3Lz3Loの大技が抜けてしまったが、今季一番良いできではなかったか!?大きさと力強い滑りは、これまた、将来を予感させる滑りであった。未だゴツゴツ感は否めない。が、しなやかさが加わると無敵の観あり。


Gracie Goldのディレイ・ジャンプ - ろこの偏愛日誌 - さん、ありがとう、お借りします!

  まあ、彼女のジャンプは気持ちがいい。よっしゃー、って感じでスカッとします\(^o^)/
  勇壮にして流麗、気品がありますね!Gracie Gold-icenetwork.com: Skaters 

追記2012.04.23/07:23
Gracieにはまる(≧∀≦)ゞ - ろこの偏愛日誌 -さん、ありがとう!
振り付けにカメレンゴさんが絡んでいるのですね。見落としてました。あと、当該ページで、イーグルからの3ルッツ、2A3Tのループ映像が観れます。気持ちいいです!


Gold blogs from World Team Trophy in Japan | icenetwork.com
via Skate the lights outって?※追記あり - ろこの偏愛日誌 -さん、ありがとう! (追記2012.04.26/09:47)


SPで使用された金平糖の精の踊り|各国バレリーナのヴァリエーション動画まとめさん、ありがとう!
(2012.04.29/14:56追記)


あと、アイスダンスとペアは、これからもっと観るようになるかも。今回ナマで観て、予兆はあるにはあったのですが、 観るきっかけを得た。

参考1:メモリアル・ボレロ・仮面舞踏会 - 感じるままに -
参考2:フィギュアスケートの神様が創った芸術作品。ゴルデーワ&グリンコフ - 感じるままに -





■ペアFSと結果
1. Vera Bazarova/Yuri Larionov RUS - 180.70 (118.68=58.52+61.16、62.02=32.01+30.01)
2. Meagan Duhamel/Eric Radford CAN - 177.62 (118.35=61.91+56.44、59.27=33.73+27.54)
3. Narumi Takahashi/Mervin Tran JPN - 177.56 (112.64=54.82+59.82、64.92=34.64+30.28、EX
4. Caydee Denney/John Coughlin USA - 175.98 (117.05=62.33+54.72、58.93=32.53+26.40)
5. Stefania Berton/Ondrej Hotarek ITA - 158.74 (99.46=47.45+53.01、59.28 =31.90+ 27.38)
6. Daria Popova/Bruno Massot FRA - 119.10 (77.03=34.52+ 42.51、42.07=20.47+22.60 )

■女子シングルFSと結果 動画は得点をクリック
1.Akiko Suzuki JPN - 187.79  (120.28=57.04+63.24、67.51=36.48+31.03、EX
2.Carolina Kostner ITA - 185.72  (116.24=51.18+66.06、69.48=36.34+33.14)
3.Ashley Wagner USA - 179.81  (122.29=61.49+60.80、57.52=30.46+28.06)
4.Adelina Sotnikova RUS - 169.69 (113.57=56.04+57.53、56.12=28.75+27.37)
5.Gracie Gold USA - 169.65  (110.58=54.34+56.24、59.07=33.36+25.71)
6.Kanako Murakami JPN - 159.62  (95.84=37.73+ 58.11、63.78=34.52+29.26)
7.Alena Leonova RUS - 153.71 (102.79=48.43+55.36、50.92=22.72+28.20)
8.Valentina Marchei ITA - 152.59 (99.07=46.60+ 52.47、53.52=28.15+25.37)
9.Mae Berenice Meite FRA - 144.15 (95.58=49.98+45.60、48.57=27.59+21.98)
10.Amelie Lacoste CAN - 143.88 (95.27=45.05+50.22、48.61=23.72+24.89)
11.Yretha Silete FRA - 138.63 (83.80=43.24+44.56、54.83=31.40+23.43)
12.Cynthia Phaneuf CAN - 126.95 (80.96=35.91+47.05、45.99=22.54 +24.45)

スポンサーサイト

【動画/感想はナシ】国別対抗2012 2日目 ペアSP アイスダンスFD 男子シングルFS

リザルト
http://www.isuresults.com/results/wtt2012/index.htm

(随時更新)

blogWorld Team Trophy | Examiner.com

■ペアSP
1. Narumi Takahashi/Mervin Tran JPN – 64.92 ←動画
2. Vera Bazarova/Yuri Larionov RUS – 62.02
3. Stefanie Berton/Ondrej Hotarek ITA – 59.28
4. Meagan Duhamel/Eric Radford CAN – 59.27
5. Caydee Denney/John Coughlin USA – 58.93
6. Daria Popova/Bruno Massot FRA – 42.07
■アイスダンスFD
1. Meryl Davis/Charlie White USA – 183.36 (111.18=52.87+58.31、72.18=34.64+37.54、EX
2. Tessa Virtue/Scott Moir CAN – 177.76 (107.83=51.92+55.91、69.93=32.35+37.58、EX
3. Natalie Pechalat/Fabian Bourzat FRA – 167.83 (101.26=48.50+53.76、66.57=30.99+35.58)
4. Anna Cappellini/Luca Lanotte ITA – 162.00 (98.30=49.07+49.23、63.70=31.14+32.56)
5. Elena Ilinykh/Nikita Katsalapov RUS – 146.84 (86.40=38.85+47.55、60.44=28.93+31.51)
6. Cathy Reed/Chris Reed JPN – 119.55 (70.08=33.01+37.07、49.47=24.64+24.83)
■男子シングルFS
1. Daisuke Takahashi JPN – 276.72 (182.72=89.14+93.58、94.00=49.71+44.29,EX
+++ Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔選手 interview after FS +++
2. Patrick Chan CAN – 260.46 (170.65=80.43+91.22、89.81=45.88+44.93)
3. Brian Joubert FRA – 239.64 (154.95=75.73+79.22、84.69=45.01+39.68、EX
4. Florent Amodio FRA – 238.33 (156.49=76.41+80.08、81.84=42.80+39.04)
5. Jeremy Abbott USA – 234.37 (147.39=64.45+83.94、86.98=44.09+42.89)
6. Takahiko Kozuka JPN – 225.30 (151.69=75.25+77.44、73.61=37.83+37.78)
7. Adam Rippon USA – 222.73 (147.80=73.66+74.14、  74.93=38.71+36.22、)
8. Kevin Reynolds CAN – 221.31 (142.49=74.13+69.36、  78.82=44.30+34.52)
9. Samuel Contesti ITA – 210.00 (136.62=67.14+72.48、  73.38=36.92+36.46)
10. Zhan Bush RUS – 178.26 (119.59=58.19+61.40、  58.67=28.78+30.89)
11. Paolo Bacchini ITA – 173.85 (111.59=53.01+60.58、  62.26=31.73+30.53)
12. Maxim Kovtun RUS – 173.46 (111.53=54.17+59.36、  60.93=31.97+29.96)

私にとってチャン選手は好きな選手の一人です。
・【フィギュアスケート】パトリック・チャン ビッグマウスの歴史<◎><◎> - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133507457507329001?&page=4
via フィギュアスケート - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/topic/1Luvw

【動画/観戦メモ】国別対抗2012 1日目 アイスダンスSD 男女シングルSP

リザルト
http://www.isuresults.com/results/wtt2012/index.htm

newsTakahashi takes men's short at World Team Trophy | Golden Skate
newsU.S., Japan all square at World Team Trophy - icenetwork.com
photoISU World Team Trophy 2012
blogWorld Team Trophy | Examiner.com
video20120419 Daisuke Takahashi 夜のNEWS-2

とりあえず、頭に浮かんだこと、感じたままを、書き留めた。あと、他の人の感想やプロトコルを見て、思い出したことがあったら、加筆の予定。

初めてのアリーナ席での観戦(参照1)。スピードと着氷音(ドスン)を体感できて感激!練習時には滑走音も確認できた。特にアボット選手(動画)のは目の前で3Aを跳んだので印象に残っている。シューという感じだったか。小塚選手(動画)の目の前で3Aを跳んだのだが、どんな音だったのか思い出せない。あと、特に印象に残っているのがファヌフ選手(動画)。試合中なのに滑走音が聞こえた。ザッザッザッゴリグリゴリ(←イメージでこんな感じ。良いのか悪いのかはわからないけれど音に感激w)あと、ジュベール選手(動画)。ドッスーンと重量感のある着氷が印象深かった。まあ、とにかく、着氷音にしびれましたw

スピードについては、どの選手も速く感じた。中でも一番スピードを感じたのは、村上佳菜子選手(動画)。まるで暴走族w ほんと気持ちよかった。村上佳菜子選手については、ジャンプ踏み切り時の動きが野球の投球モーションみたいでイマイチ好きになれなかったのですが、今日で印象が変わったw 3T3Tは幅と流れがあって、ほんとすごいと思った。スピードだけでなく、演技も上手、緩急と表情があってよかった。将来性を感じた。

一番盛り上がったのは、鈴木明子選手(動画)。ノーミスだったということもあるが、やはり、音楽の影響は大きいなと思った。次に感動したのはコストナー選手(動画)。滑りが大きく伸びやか。とにかく肢体とその動きが美しい。今季女子最高得点は文句なし!

文句があるのは、高橋大輔選手(動画)。ジャンプの着氷がつまり気味。ミスこそなかったが、ステップも音楽にピタッとハマってなかった(私にはそう見えた)ので、スタオベには戸惑った(お付き合いでスタオベしたが)。そして、94点(49.71+44.29)にはビックリ。特にTES49.71には驚いた。でも、会場の反応から、やはり、文句のない演技だったのだろうか。他の人の感想を見るのが楽しみ。→映像で見ると、いいねぇ、4Tの着氷でバランスを崩したのとコンビネーションのセカンドの流れ以外は、完璧。うむ、この感覚のずれはどこにあるのだろう!?2012.04.30/06:14追記

私が自らスタオベした選手は、ジュベール選手(注1)、アボット選手、チャン選手、ゴールド選手(したかどうか記憶があいまい動画)、村上佳菜子選手、鈴木明子選手、コストナー選手。高橋大輔選手を除いて、他の人とスタオベ気分が一致した。

チャン選手(動画)のすべりは、やはり、他の選手とは一味違っていた。力感がない。ミズスマシのよう。音がしない、まるで、消音掃除機(物理的に聞こえないという意味ではない)。 3Aで転倒した以外は完璧、89点は納得。ただ、あまりに上手くて、簡単に滑っているように見えるので、感動がないw 

ジュベール選手には、存在感を感じた。観客を惹き付ける風格というか余裕というかベテランの味かなw 

アボット選手は、ゆったりとした滑りと細かい動きが印象に残った。緩と急、大胆と繊細、演技に引き込まれた。そういえば、隣の女性が大きなぬいぐるみを座席の下に隠し持っていて、一体誰に渡すのだろうかと思っていたところ、アボット選手に投げ入れていた。ちなみにこの女性、村上佳菜子選手だけにはスタオベしなかった。恨みでもあるのか!?w ま、たまたましなかったのだろうw

あと、そうそう、リッポン選手が印象に残った。スピードはもちろんのこと、一つ一つの動きが大きく、動きに余韻を感じた。今季はジャンプがイマイチ決まらず、結果は残せなかったが、ジャンプが安定すれば、トップ争いに食い込んでくる予感。それは、小塚選手にもいえる。

追記2012.04.20/08:24
アイスダンス。SDははじめて観る(たぶん)。全組(だったと思う)。ハイ・スロー・ハイのテンポ。リズムを感じた。まるで、リオのカーニバル。それから、グループ1とグループ2の動きの差が歴然としていた(特に練習風景)。
動画Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2012 WTT SD
動画Tessa VIRTUE / Scott MOIR 2012 WTT SD
は、調子がイマイチだったみたいだが、それでも、気持ちよかった。動きがすごい!
会心の演技は、どんだけすごいのか!?w

各国応援席。フランスが前回(2009)同様、最初から盛り上がっていた。隣のイタリアが負けじと盛り上がりコストナー選手で最高潮、フランスを凌駕したw米国は、選手の演技開始時に盛り上がるのだが、フランス・イタリアの心の底から楽しんでるという感じの盛り上がり方ではないように思われた。ロシアは面子が若かった所為か、いまいち、盛り上がりに欠けた。カナダ・日本は特に印象なし(←というか、見づらい位置にあった)w

それから、どの選手も肉体が素晴らしい、惚れ惚れする\(^o^)/ やはり鍛えられた肉体はそれだけで美しい!

追記2012.04.20/12:14
肝心な選手を忘れてた。グレイシー・ゴールドを見るために国別観戦を決めたんだったw

・3Lzでバランス崩したのは惜しかったけど、着氷音は聞こえたし、予想通り、豪快であった!体も出来上がっているように見えるし、期待が持てるパフォーマンスでした。将来大物の予感!

参照1
座席表←画像クリック、アリーナSS左端上黒点(via キョドー東京

(11時頃)当日券待ち、私は7番目w            (13:30頃)開場時の様子
国別対抗2012 当日券                     国別対抗2012 開場
約二時間並んで手に入れたチケット、手持ちチケットと交換(不足分負担)出来てよかった。
国別対抗2012 チケット
            
注1
このとき、私の真横に(A席から投げ入れられた)ぬいぐるみが降ってきた。
私はそれを拾ってリンクに投げ入れた。


A席からの投入がリンクまで届かないケースは多く見られた。そういえば、week dayということもあってか、女性の多さに慄いた!w 95%は女性だったのではないかとw で、感じたのは、女性が多過ぎたせいか?男性のカッコよさが目立った。観客入場口を仕切っていた男性係員がみな背が高くて男ながらに惚れた\(^o^)/

追記2012.04.23/07:55
それで思い出したのが、オープニングで滑った東京都選抜の子供たち。ストロークのフリーレッグの抜けが気持ちよかった!それだけで、心が惹きつけられる。ちょっとしたことで、印象が俄然違ってくる見本を見た!
美しいストロークとは←画像クリックで拡大
「フィギュアスケート美のテクニック」P66ストロークのフリーレッグの処理