After all

ほとんどフィギュアスケート、きまぐれ勉強メモだよ(^_-)-☆ #表示不具合のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンフットワルツ(スリー)事例集

下記のコストナーさんの片足ステップでちょっとホップしてターンする動作が心に留まって気になってよく見たら(スローのリプレイ)、ワンフットワルツじゃないの。ワンフットワルツというと、パトリック・チャンのエレジーのそれが記憶にあって、コストナーさんのこれとは趣が違う。これは面白いと思って記憶をたどったり検索したりで見つけたワンフットワルツを集めることにした。

※ループ再生設定なので、停止/再生ボタンをクリックして停止してください。

1)カロリー・ナコストナー2002JrWC_SP(動画)  LFO-LBI


2)パトリック・チャン2016カナダナショナルSP(動画) RFO-RBI


3)パトリック・チャン2012スケートカナダSP(動画) RFO-RBI


4)ジル・トレナリー1987US_FSC_FS(動画) LFO-LBI


5)ブライアン・オーサー1988カルガリーFS(動画) RFI-RBO インサイド・ワンフットワルツ (参照)

スポンサーサイト

バックからのブラケット

初更新2015.01.11
追記2017.03.17 末尾にアリサ・フェディチキナLBOブラケットを追加しました(参照
追記2017.03.08 末尾にアンナ・ポゴリラヤRBOブラケットを追加しました(参照
追記2017.03.07 末尾にユリア・リプニツカヤRBIブラケットを追加しました(参照
追記2017.02.17 末尾にガブリエル・デールマンRBOブラケットを追加しました(参照

以前、ブラケット集を作った時、

フォアインからのものが圧倒的に多く次に多いのがフォアアウト。バックからのものは探せなかった。
 と書きました。パンダ師匠さんのブログ記事片足で行うターンの種類に、
逆に、全く使わない(或いは殆ど使わない)のが「バックインのブラケット」「バックアウトのブラケット」でしょうか。特に「バックアウトのブラケット」は難しい(というか、怖い)ですので…。
とあったので、納得しておりました。

今回たまたま見つけましたので貼っておきます。(間違ってたらごめんなさい)

浅田真央(RBOロッカーRFOカウンターRBOブラケット) 2013GPF2013NHK_SP
永井優香(RBIロッカーRFIカウンターRBIブラケット) 2014JrGP_Aichi_FS
※ループ再生する場合はマウスの右ボタンでメニューを開きループを選択してください


以前作ったブラケット集。
 

追記2015.01.11 突然、思い出したので記録します。何が凄いかって、珍しい技…
 (1)クローズドのインサイドモホーク →関連
 (2)バックからのブラケット
が同時に観れるからであります。
アボット選手。LFO-RFI(踏み換え)LBI(クローズドモホーク)+LFO(ブラケット)RFO(蹴り換え)LFO(クロスビハインド)RBO(アウトモホーク)+LBI(クロスフロント) 参考ツイート
※ループ再生する場合はマウスの右ボタンでメニューを開きループを選択してください


・ガブリエル・デールマンCOC2014FS(動画)
ロッカー(RBO-RFO)+カウンター(RFO-RBO)+ブラケット(RBO-RFI)
※ループ再生する場合はマウスの右ボタンでメニューを開きループを選択してください


※ループ再生する場合はマウスの右ボタンでメニューを開きループを選択してください
・ユリア・リプニツカヤCOR2016SP(動画
カウンター(RFI-RBI)+ブラケット(RBI-RFO) 

※情報元はこちらのツイート(参照)です。アイリーンさん貴重な情報ありがとうございます_(._.)_

※ループ再生する場合はマウスの右ボタンでメニューを開きループを選択してください
・アンナ・ポゴリラヤSC2014SP(動画
ブラケット(RBO-RFI)+カウンター(RFI-RBI)

別アングル別音源  
・アンナ・ポゴリラヤGPF2014SP(動画
ブラケット(RBO-RFI)+カウンター(RFI-RBI)

※情報元は同じくアイリーンさんのツイート(参照)です。

※ループ再生する場合はマウスの右ボタンでメニューを開きループを選択してください
・アリサ・フェディチキナRJrN2017SP(動画)
ブラケット(LBO-LFI)+RFI足換え

※情報元はこちらのツイート(参照)です。アイリーンさんいつもいつも貴重な情報ありがとうございます_(._.)_

続・腰を捻じって元に戻す高速ターン 気まぐれ更新中

初更新2017.02.07 18:00

前記事に引き続き事例を集めます。前記事ご参考の詳細説明(※私が理解できる考え方であって普遍的な考え方ではありませんのでご用心)

①一つのターンについて、入りと出の軌道が長ければ、軌道の方向がわかるので、エッジの判別は簡単である。

ここで取り扱う腰を捻じって戻す連続ターンの場合、

②最初のターンの出(入りは長短ある)、中間のターンの入りと出、最後のターンの入り(出は長短ある)の軌道は短い。よって、軌道の方向の判別は難しい。

そこで、

③連続ターン全体の軌道の方向(包絡軌道と仮に呼ぶ、C字型/S字型)、体幹や腕の動きを感じ取って方向を見極めるしかない。

④パッと見てわかるようになるまで繰り返し見て経験を積むのである。

⑤これは、私のような、未経験者の場合であって、経験者の方は、また、違った見方をされるかもしれない。というか、経験者は、身体が覚えているので、ターンの種類は特に気にしていないのかもしれない。(以前、この種の連続ターンについて経験者の方に質問した時にそれを薄々感じた。)

私は、未経験者ということもあってか、気になってしまって、気まぐれではありますが、この種の連続ターンを集めて、こっそり楽しんでいる次第です。現段階では、サンプル数が少ないため、判別の仕方を要領よく簡潔に説明することはできないので、結果のみ記すことにします。というか、永遠に説明しないかも😅

理由はこれだ!\(^o^)/


※ループ再生設定なので、停止/再生ボタンをクリックして停止してください。

羽生結弦2016AC_SP(動画) ロッカー(orスリー)+ロッカー(orブラケット)+スリー




羽生結弦2016GPSスケートカナダSP(動画) チョクトー+ロッカー+スリー




羽生結弦2016GPSNHKSP(動画) チョクトー+ロッカー+スリー




羽生結弦2016GPF_SP(動画) チョクトー+ロッカー+スリー(orロッカー+チェンジエッジ)




浅田真央2007全日本SP(動画











2)ブラケット+ロッカー
・ソフィア・サモドゥロワ 2017ロシアジュニア選手権_FS(動画)



3)(連続チョクトー+)スリー+ブラケット
・ダニエル・サモーヒン 2016GPSスケートカナダ_SP(動画)




・ダニエル・サモーヒン 2016GPSスケートカナダ_FS(動画)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。